2021年トレランレースの計画を立てる(関東から行けるレース編)

UTMF アウトドア

本記事を書いているのは、2020年12月。

まだまだコロナ禍における不安は消えないところですが、エントリーをしなければ出場レースも決まらず、スケジュールも立てられない。

そろそろ2021年に向けて出場するトレランレースの計画を立てていきたいところです。

▼本記事のテーマ

2021年トレランレースの計画を立てる(関東から行けるレース編)

 

そこで本記事では筆者が出ようと検討しているトレランレースをまとめていきたいと思います。

・2020年12月時点で、開催未定のレースも例年実績をもとに検討します。
未定レースも日付を入れていますが、仮です。
・関東在住のため、比較的関東から行きやすい場所が多めです。
(一部トレーニングのため、ウルトラマラソンも入っています。)

 

筆者のトレラン経験はというと、

・トレラン歴は約8年。

・ショートからロングまで幅広く出ています。(2019年は上州武尊140kmを完走)

・たまにショートレースの表彰台に上がったりするので走力はそこそこ。

⇒30km~100mileくらいのトレイルレースを中心に幅広くエントリーしていきます。

 

それではさっそく見ていきましょう。

2021年トレランレースの計画を立てる(関東から行けるレース編)

2021年2月トレランレース

2月

・2/27-28 小江戸大江戸200K HP

エントリー開始:1/7~

埼玉県川越から都内(スカイツリー)あたりまで行き、帰ってくる200Kウルトラマラソンです。(少し短い90km、115kmもあります。)

これはトレイルレースではないですが、レースのない2月に走力を鍛えるにはもってこいのロードレースです。

参加資格として、「過去90km以上のウルトラマラソン大会の完走者」というのがありますが、トレイルレースも含むようなので、参加資格は問題なし。

さらに強者向けの230Kというのもありますが、200Kで十分満足かな…笑

2021年3月トレランレース

3月

・3/27 OSJ新城(32km・64km) HP

エントリー開始:12/11~(32kmは募集締め切り済み)

春のトレランシーズンの始まりを告げる、トレイルレース。

筆者は32kmにエントリー完了しました!

関東からはちょっと遠いですが、初めての参加レースなのでわくわくです。

64kmはまだエントリーを受け付けていますが、「過去、OSJ新城トレイル32Kの部にて5時間以内で完走された方」というエントリー条件付きです。

 

・(未定)3/27 ハセツネ30K(30km) HP

秋に行われるハセツネカップ(日本山岳耐久レース)の30Kです。

本戦は71.5kmですが、春のレースは30km。

非常に人気レースですが、その理由の一つにハセツネカップの優先エントリー権を獲得できるというものがあります。

大会完走者の男子600位以内、女子50位以内の選手は「第28回日本山岳耐久レース長谷川恒男CUP大会」への優先エントリー権を獲得できます。

ハセツネ30K HPより

 

2021年4月トレランレース

4月

・4/4 青梅高水国際トレイルラン(32k・19k) HP

青梅を舞台に繰り広げられる、関東の開幕レース的なトレランレース。

シーズンはじめにちょうどいい32kmという距離で、UTMFに出場予定の人にとっても最適です。

また、同日にトレランギアのイベント・Trail Open Air Demoも青梅で開催されているので、1日中楽しめること間違いなしです。

 

・4/23-25 UTMF(100mile) HP

エントリー・抽選〆切済み

いわずと知れた国内最高峰の100mileレースです。

筆者もエントリー済みです。2021年は開催されることを祈る!!!

 

2021年5月トレランレース

5月

・5/22-23トレニックワールド 100mile & 100km in 彩の国(100km・100mile)HP

エントリー開始:2月を予定

埼玉県越生・ときがわ・飯能で行われる、完走率の低さで有名なウルトラレース。

ちなみに、第一回大会は完走率0%でした。笑

例年5月上旬に開催しているため、UTMFとのダブル出場は体力的に厳しかったですが、今年は5月下旬にずれるのでなんとか可能かと思います。

個人的に過去DNFしてるので、リベンジをしたい。

 

・5/30 OSJ奥久慈トレイルレース(59km・31km) HP

エントリー開始:12/21~

茨城県奥久慈の山域で行われるトレイルレース。

距離以上にアップダウンが激しく厳しいコースになっていて、竜神大吊橋のゴールの達成感は格別です。

(彩の国の翌週なので、エントリーするか悩むところ。)

 

2021年6月トレランレース

6月

・(未定)6/5-6 スリーピークス八ヶ岳(41km・22km)HP

地域密着の温かいおもてなしが印象的な山梨県の人気レース。

41kmの方は、エントリー条件として「トレイルのボランティアの参加」や「トレイル整備活動」が求められます。

 

・6/20 OSJ山中温泉トレイルレース(78km・33km) HP

石川県加賀市山中温泉で行われるOSJのトレイルレース。

正直、関東からはけっこう遠いのですが、OSJでなかなか行けないレースなので一度は出てみたいと思っています。

6月のロングレースも魅力的です。

 

2021年7月トレランレース

7月

・(未定)7/4 北丹沢12時間耐久山岳レース(約40km) HP

ハセツネと並び昔からあるハードな山岳レース。

2019年の台風の影響がありながら、コースを整備して開催予定とのこと。

久々に参加したい。

 

・(未定)7/16 富士登山競争(山頂コース21km・五合目コース15km) HP

毎年一瞬でエントリーが終わる人気レース。

山頂コースはエントリー条件があり、「過去3大会の五合目関門(五合目ゴール)通過時間が2時間20分以内の実績のある者」ということです。

いつか出たいと思いつつも、毎年クリック合戦に参加できず来ているレース。

山頂コースはやってみたいので、今年は五合目を目指そうか。

 

・7/17-18 OSJ ONTAKE100(100km・100mile) HP

エントリー開始:1/18~

長野県王滝村を舞台にしたロングレース。

2019年出場予定だったが友人の結婚式のため、泣く泣くDNS。実はまだ出たことがない。

かなり林道を走らされるコースと聞いているので、走力アップして今年こそは。

 

2021年8月トレランレース

8月

・(未定)8/22 赤城の森トレイルラン(34km・17km) HP

8月は暑いので気持ちよく走れるショートレースを。

赤城の森トレイルランは激しいアップダウンも少ないコース設定です。

9月のロングレースに備えて8月はこれに出ます。

2021年9月トレランレース

9月

・9/4-5 OSJ安達太良山トレイル10K・50K(10km・55km)

福島県安達太良山の山域で行われるトレイルレース。

岳(だけ)温泉をベースに行われる大会なので、レース後の入浴が最高です。

今年はおそらく出ます!下旬のロングレース前にうってつけ。

 

・(未定)9/19 上州武尊スカイビュートレイル(140km・70km・30km) HP

距離140km、累積表9,200m以上と、おそらく国内屈指の厳しいロングレース。

スキー場のゲレンデを使った急登は泣きたくなります。

過去2回完走してますが、なぜかまた行きたくなる不思議なレース。

 

・(未定)9/19 信越五岳トレイルランニングレース(100mile・110km) HP

長野県から新潟県にかけて行われる人気のロングレース。

プロトレイルランナー石川弘樹さんがプロデュースしていることで有名です。

地元のおもてなしが手厚く、さらにトレイルも走りやすくて格別。人気なのも納得です。

エントリー費が高めなのでお財布にはきついけど、一度は参加したいレースです。

 

※上州武尊か信越五岳のどちらかには確実に出る。

 

2021年10月トレランレース

10月

・10/9-11 OSJ KOUMI100(175km) HP

長野県小海町で行われる35kmのコースをひたすら5周ぐるぐる。精神力が鍛えられる100mileレースです。

他の人気レースみたいに派手さはないけれど、本当に強者たちが集まる大会。

過去DNFしてるので今年はリベンジに行きたい。

 

・(未定)10/10 日本山岳耐久レース ハセツネカップ(71.5km) HP

東京都五日市で開催される伝統的な山岳レースです。

午後スタートのため、ランナーは確実に夜間パートがあります。

 

毎年OSJ KOUMI100と同じ日に開催されるので、どちらに出るかが悩ましいところ。

 

・(未定)10/17 峨山道トレイルラン(73km) HP

峨山道トレイルは、石川県輪島市・羽咋市で行われるトレイルレース。

禅師が修行で使ったとされる山道を使っています。

こちらも関東からは行きにくい場所ですが、一度出たかったレースとして検討中です。

 

2021年11月トレランレース

・(未定)11/7 甲州アルプスオートルートチャレンジ(69km・55km・35km) HP

小川壮太さんが実行委員長のトレイルレース。

関東からは中央道ですぐですね!

まだ出たことはないですが、かなりきついコース設定とのこと。これは気になります。

 

・(未定)11/13-14 Funtrails Round 秩父&奥武蔵(100km) HP

奥宮さん主催のFuntrailsで、年に一度のロングレース。略してFTR100です。

過酷な秩父から奥武蔵の山域をぐるっと一周します。

筆者が住んでいるとこから激近なので、これは絶対出ます!

きついですよー。

 

2021年12月トレランレース

12月

・(未定)12/5 伊豆トレイルジャーニー(約70km) HP

一年を締めくくるにふさわしいビッグレース。

伊豆半島をワンウェイで南から北へ横断し、冨士山を望む絶景に出会えます。

特徴は何と言っても”寒さ”。スタート地点は海辺なのでしっかりとした防寒対策が求められます。

さらにけっこう走らされるコースなので、距離以上に疲れます。

 

2021年はトレイルレースを楽しみましょう!

トレイルランニング

いかがでしたでしょうか。

関東から行きやすいレースということで、筆者自身が検討中のレースを挙げてみました。

もちろんこの記事で紹介したレース以外にも魅力的なレースはたくさんあります。

 

2020年はコロナ禍によってトレイルレースも散々でしたが、

2021年こそは出たいレースに出て思いっきり楽しみましょう。

この記事が参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました