【初心者の方必見】ランニングシューズを選ぶなら普段履きもできるモデルがおすすめ

cloud ランニング

ランニングシューズを選ぶなら普段履きもできるモデルがおすすめ

シューズ

ランニングシューズといえば、赤や青などスポーティーなカラーのものが多いですが、

これを普段履きもしようとなるとコーディネートに困りますよね。

 

ですが、ランニングシューズの中にも普段履きできるようなシックな色合いのものが存在します。

本記事では、どんな服装にも合わせやすい「黒」をベースにしたランニングシューズをご紹介します。

▼本記事のテーマ

普段履きもできるランニングシューズのおすすめ3選

ただし見た目だけのシューズではなく、ランニング性能にも優れたシューズを3つ厳選しました!

それでは見ていきましょう。

普段履きにもおすすめなランニングシューズ3選

One | Cloud

cloud出典:On HP

スイスのランニングシューズブランドのOnでは、Cloudをおすすめします。

Onのラインナップの中では最もベーシックなシューズではありますが、なんだかんだいって一番履きやすいシューズでもあります。

もちろんCloudtecというOn独特のソール形状を採用しており、走りにも妥協はありません。

またブラックだけでなく、多くのカラーバリエーションを展開しているので、自分のファッションのスタイルによって好きなモデルを選ぶことができます。

HOKAONEONE | CLIFTON 7

クリフトン7

出典:HOKAONEONE HP

HOKAONEONEからは、ロードシューズの代表モデルであるCLIFTON7がおすすめです。

ソールはHOKAらしいマックスクッションのふかふかとした感じで、履き心地が非常に良いです。

CLIFTONはランニングシューズとしての性能が非常に優れています。

アウトソールはつま先が反りあがったようなメタロッカー構造になっていて、転がるように前へ進む推進力が得られます。

HOKAは今やランニングだけでなくスニーカーブランドとしての地位も確立しているので、普段履きにはもってこいではないでしょうか。

ALTRA | TORIN 4.5 PLUSH

TORIN

出典:ALTRA HP

個人的に非常におすすめなのが、ALTRATORIN 4.5 PLUSH

元々TORINというロードシューズがあるのですが、このシューズはそれをさらにPLUSH(=ぜいたくに)したモデルで、足を入れた瞬間、他ブランドにはない快適さが得られます。

もちろんALTRAの特徴である、つま先と踵の高低差が0mmというゼロドロップ広いトゥボックスも採用しているので、ALTRAらしい健康的な走りが期待できます。

普段からランニングシューズを履こう!

ランニング

いかがでしたでしょうか。

忙しい方だとランニングの時間を確保するのが難しいかもしれませんが、ランニングシューズを普段履きとしていれば、ちょっとした時間を利用して走ることができます。

もちろん歩いていても疲れにくいですし、最近ではこの記事で紹介したような見た目にもシックなランニングシューズが増えてきています。

ぜひお気に入りの一足を探してみてください!

▼その他のランニングシューズの記事

【2021年版】小江戸大江戸200kなどのウルトラマラソンにおすすめのシューズ
小江戸大江戸200kなどのウルトラマラソンにおすすめのランニングシューズをリサーチしたので紹介します。ピックアップするブランドはホカオネオネ、ナイキ、アシックス、アルトラ、ニューバランス、オンです。これからウルトラマラソンに挑戦する方や、趣味で長距離を走る方におすすめの記事です。
【2021年版】ベアフット(裸足)系ランニングシューズのおすすめ
ベアフットシューズ(裸足)系ランニングシューズのブランドをまとめました。ベアフットシューズで6ブランド、ベアフットサンダルで2ブランドを紹介しています。より人間本来の走り方であるベアフットランニングを実践することで、怪我の防止に役立つとされています。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。
トレランシューズのおすすめ・選び方 2021年最新版
トレランシューズのおすすめ・選び方 2021年最新版 を解説します。 主に、最近トレランを始めた方や、オールラウンド向けのトレランシューズを探している方におすすめの記事です。 現在日本で発売しているトレイルシューズブランドはほぼ網羅しているので、トレランシューズのトレンドもチェックできます。

タイトルとURLをコピーしました