【通勤ラン/帰宅ランのリュックについて考える】ビジネスでもいけて、パソコンも入るのがベスト

バックパック 通勤ラン アウトドア

通勤ラン/帰宅ランのリュックについて考える

通勤ラン

突然ですが、「通勤ラン」「帰宅ラン」ってご存知ですか?

読んでそのままですが、「通勤時や帰宅のときにランニングをすること」です。

日頃仕事で忙しい方はランニングの時間がそれほど確保できず非常に頭を悩ませるところですが、普段の通勤時間を使ってランニングができればすごく効率が良いですよね。

ただし、そうしたときにネックとなるのが、走るときの道具をどうするかです。

・「靴はいつも革靴なんだけどさすがに走れないし・・・」
・「ビジネスバッグは手に持つタイプでこれじゃ走るのが辛い」
・「パソコンを持ち歩くのにバッグに収納して走るのはしんどい」

こんな不満が出てこないでしょうか。

 

これを解決するのが、「帰宅ラン用のバックパック」です。

・ランニングシューズはバッグに入れておいて走るときだけ履き替えましょう。
・リュックタイプのバッグなら走るのも快適です。
・パソコン収納を想定したバッグなら安心して使えます。

こんな風に解決して、快適に帰宅ランをすることができます。

 

そんな通勤ランのバックパックですが、実は選択肢がそれほど多くありません。

しかも、選ぶのが難しいです。

 

筆者もずっと通勤ラン用のバッグを探してきましたが、なかなかこれというモノに巡り合うことができませんでした。

そこでこの記事では、いろいろと通勤ラン用のザックに試行錯誤してきた筆者が、今選ぶべき通勤ラン用のザックを厳選して紹介します。

正直いって、Googleで「通勤ラン バッグ」と検索しても、たいした情報は出てこないです。なぜならば、ただ大きめのトレランザックを紹介されるだけでビジネスシーンには適していないからです。

(ホントにチョイスがダメダメすぎです。)

通勤ランに必要な条件をちゃんと明確にして、その上で本当に使えるザックを選んでいきます。

それでは見ていきましょう。

通勤ラン/帰宅ランのリュックの条件

ビジネスシーンでもいけるデザイン

ビジネス

まず第一にあるべき条件はこれです。「ビジネスシーンでいけるデザインである」こと。

そもそも我々会社員は走ることよりも、仕事することが第一なんです。

だから、カジュアルな職場やアウトドアの仕事をしていない限り、ビジネスシーンで通用するデザインでなければそもそもダメです。

着替えやシューズが入る十分な容量

ランニング

もちろん普段の靴が革靴」であれば、それで走ることはできません。

必ずランニングシューズを持つ必要がありますが、それが収納できる容量がなければいけません。

具体的にいえば、15リットル以上は必要です。

パソコンが収納できる

営業ではない仕事

仕事でパソコンを持ち歩く人もいるでしょう。

それならば、バッグ自体にしっかりとした剛性感と保護性能が必要です。

走りやすさだけを重視して軽くて薄くてペラペラのザックでは、いくらPCケースを付けていたとしても心配です。

揺れなくて走りやすい

バックパック 通勤ラン

そして最後にチェックすべきは「走りやすさ」です。

ただでさえしんどい毎日のランニングを持続させるには、走るのが嫌にならない「快適さ」が非常に大事です。

【最適解】ULTRASPIRE URBAN RUNNER(ただし廃番)

ここまで通勤ラン用ザックの条件について述べてきましたが、僕は最近通勤ラン用のザックを買いました。

それは、ウルトラスパイアの「URABAN RUNNER」というモデル。ウルトラスパイアはアメリカのトレランザックブランド。実はこれは2018年に一度だけ販売されたモデルですが、その後すぐに廃番になっています。

通勤ランに特化したザックで、容量は25L。カラーはブランドロゴまですべてオールブラックで統一。クッション性のあるショルダーハーネスを採用しており、走ることを念頭に置いたデザインになっています。

過去を振り返ってみても、通勤ランに特化して「これだ!」と思えるザックはこのモデル以外見たことがありません。

ただし、残念ながら既に廃番。僕もメルカリをずっとマークしてようやく手に入れることができました。

詳しくは、Onyourmarkの記事で詳しく掲載されています。

リアル通勤ランザック UltrAspire / URBAN RUNNER
前回のMARK GEARでギアの「成熟化」について話しました。最近は真新しいギアの登場はやや少なくなり、その代わりに定番ギアの使い勝手がより向上しているという内容の話です。 とか言ってたら、思わぬところから隙間を縫って登

その他の通勤ランリュックのおすすめ

挑戦

では、現在販売中のモデルで通勤ランにおすすめのザックにはどんなものがあるでしょう。

先述した条件をベースに厳しく選定しました。

僕が今から選ぶならこの3つが選択肢としておすすめです。

グレゴリー | レイブン18

バックパックといえばグレゴリー。

グレゴリーの通勤ラン用ザックといえば、レイブンです。容量は12Lと18Lがありますが、ある程度着替えなどの荷物を想定して、レイブン18をお勧めします。

走ることを想定したザックのつくりになっており、ショルダーハーネスの左側にはスマートフォンを収納することが可能です。

ランニング用ザックといえば、ショルダーハーネスにボトルを入れることが多いですが、通勤ラン用であれば水よりもスマホを見る頻度が多いですよね。もちろんボトルはザックの右サイドに収納ができるので、走りながらでも水分補給が可能です。

ビジネスシーンを意識したオールブラックのデザインですが、さりげなくリフレクター(反射)機能も付加されているので、まさに帰宅ランにおすすめです。

このレイブン18ですが、現在グレゴリーHPには掲載がなくもしかしたら在庫限りかもしれません。気になる方は、手に入るうちにECモールで購入するのが良いでしょう。

マウンテンハードウェア | フリューイッド15リップストップ

マウンテンハードウェアの少しコンパクトなモデルですが、荷物が少ない方にはこれがおすすめです。

完全にデザインは「山用」なので仕事ではギリいけるかなという感じですが(笑)、

このモデルはオールブラックのモデルであればシックな印象ですし、生地も丈夫で何よりメインアクセスが優秀。普段使いが非常にしやすいです。

ショルダーハーネスは幅広で、収納もしっかりしているので、走るには申し分ないザックと言えます。

lululemon | More Miles Active Backpack 17L

lululemon

聞きなれないブランドかもしれませんが、実はこのルルレモンというブランドのザックがなかなか優秀です。

ルルレモンはカナダ・バンクーバーで創業したアスレチックアパレルブランド。ヨガウェアやランニングウェアを手掛け、近年急成長しています。

このMore Miles Active Backpack 17Lは、非常に通気性の良いショルダーハーネスを採用していて、汗のかきやすい暑い時期に向いています。

また、ボトルやスマホなどはサイドのメッシュポケットに収納することができ、走行中でも手の届く位置に配置することができます。

嬉しいのは、13インチのノートパソコンが入る衝撃吸収材入りの内ポケットがあること。

デザインもアウトドアブランドにはないスタイリッシュさが魅力です。

通勤ランで走行距離を伸ばしましょう!

一人時間 アウトドア

いかがでしたでしょうか。

普段忙しくてなかなか走る暇がない方も、通勤をランニング時間に活用してしまえば走行距離を伸ばすことができます。

そのためには、シューズをウェアを収納して走れる通勤ラン用ザックは必須。

ぜひ試してみてほしいです。

タイトルとURLをコピーしました